トップへ » 活性化リンパ球療法(LAK療法、ラック療法)

活性化リンパ球療法(LAK療法、ラック療法)

がん免疫療法のうち、活性化リンパ球療法は非特異的免疫療法に分類されます。
リンパ球は免疫細胞の中でがんなどの異物を攻撃する兵隊のような細胞です。リンパ球は、がんを認識するとパーフォリンといった細胞を攻撃する物質を放出し、がん細胞に穴を開けて殺します。
活性化リンパ球(Lymphocyte activated Killer cells;LAK)細胞の頭文字を取ってLAK療法(ラック療法)と呼ばれることもあります。
活性化リンパ球の作製方法は、患者様から少量の血液を採血し、そこから得られたリンパ球を、抗CD3抗体とインターロイキン2(IL-2)といったサイトカインによって刺激して作られます。
抗CD3抗体はリンパ球の細胞膜上にある、CD3抗原に反応する抗体で、リンパ球はこのCD3を刺激することによって、増殖することがわかっています。
また、リンパ球はIL-2と細胞膜上にあるインターロイキン2レセプター(IL-2R)が作用することで、細胞障害活性をもつ細胞傷害T細胞(Cytotoxic T cell ; CTL)などに分化します。
刺激されたリンパ球は細胞分裂を繰り返し、2週間後にはおよそ~1000倍(約数十億個)にまでに増殖します。

一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » 活性化リンパ球療法(LAK療法、ラック療法)


文字サイズを変更する