トップへ » Q、治療にあたり、事前に主治医に伝える必要がありますか?

Q、治療にあたり、事前に主治医に伝える必要がありますか?

A、仙台駅前アエルクリニックの治療を実際に開始される際には、主治医には必ずご了解をいただいた上で、治療をお引き受けするようにしております。そのため、主治医に了解いただくためのサポートもしておりますので、ご相談ください。

Q&A一覧にもどる

個々の患者さまにとって最適ながん治療プランを構築していくためには、ただ単にこれまでの正確な診療情報や現状評価があれば良いという訳ではなく、がんの病態や治療の効果・副作用評価を「継続的かつ客観的に」行っていくことが必要です。

また、がんはあくまで全身病ですので治療の成否に関わらずさまざまな体調の変化が起こり得ます。したがって、信頼できる保険診療医療機関における継続的な診療体制との密な連携に基づいて、初めて成り立ちます。

しかしながら、仙台駅前アエルクリニックのがん免疫療法のように「現状では我が国の保険診療で認可されていない医療」に対する主治医の理解は必ずしも容易に得られるとは限りません。
なぜなら、自分の病院で行われていない医療については、よほどの経験や知識・関心がなければそれがどういう治療なのか医師は判断しようがないからです。
特に、がんの免疫療法の中には、医療とは無縁なものまで様々なものが存在します。
患者さまの医療に責任感をもって対応されている主治医ほど、そのような"怪しげなもの"に反対するお気持ちが生じるのはある意味自然な事です。

仙台駅前アエルクリニックではご希望に応じて、主治医にもできる限り詳細にご理解頂けるよう、個々の患者さま個々の病状やお考えに基づいた具体的な治療プランに関する医学的な診療情報提供書をご用意することが可能です。
あらかじめ主治医に相談することがためらわれる場合には、まずは仙台駅前アエルクリニックの医療相談を利用して、ご自身が充分に納得された上で、また、必要に応じてこちらで作成した主治医宛の診療情報提供書とともに、主治医と御相談下さい。

最初は遠回りに思えるかもしれませんが、結果的にはこの過程を経ることが御自身にとって最適ながん医療の構築につながるはずです。スタッフ一同、全力でこれをサポートさせていただきます。

Q&A一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » Q、治療にあたり、事前に主治医に伝える必要がありますか?


文字サイズを変更する