トップへ » Q、仙台駅前アエルクリニックならではの特長は何ですか?

Q、仙台駅前アエルクリニックならではの特長は何ですか?

A、実際に樹状細胞ワクチン療法を受ける場合、どの「がんの目印(抗原)」を用いるかが特に重要です。
世界中の専門家によって「がんの目印(抗原)」の評価が行われておりますが、仙台駅前アエルクリニックで用いている人工抗原の一つ「WT1」は、このランキングで第1位(*)(特異的がん免疫療法に、最も優先的に用いるべき人工抗原)に位置づけられており、仙台駅前アエルクリニックではこの「WT1」を使用することが可能です。

(*)Cheeve MA. Clinical Cancer Research 2009

Q&A一覧にもどる

Aの詳細はこちら

樹状細胞ワクチンを作製する際に、どのような「がんの目印」が使用できるかについては、個々の患者さまのがんの種類やその時の状況によって、実際にはさまざまな制約を受けます。

例えば、自己のがん組織を用いるためには、手術でがん組織を切除する前にさまざまな準備をしておかなければなりませんし、多くの患者さまの場合、手術でがん組織を確保できるとは限りません。
この場合、人工的に合成したがんの目印(人工抗原)を用いることになりますが、個々の患者さまのがん細胞が持っている目印(人工抗原)を用いる必要があります。

現在、世界中でさまざまな人工抗原が開発されておりますが、仙台駅前アエルクリニックでは、世界的に特に有用と考えられるいくつかの人工抗原を選択して使用しています。
特に、「WT1」という人工抗原は、ほぼ全てのがんが持っている目印であるため、これを用いることで多くの患者さまに樹状細胞ワクチン療法を受けていただくことが可能です。

Q&A一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » Q、仙台駅前アエルクリニックならではの特長は何ですか?


文字サイズを変更する