トップへ » Q、「がんの目印」とは何ですか?

Q、「がんの目印」とは何ですか?

A、免疫細胞は、相手の細胞が「がんの目印」を持っているかどうかによって、がん細胞かどうかを判断します。
このようながん細胞の証拠となる「がんの目印」を、専門的には「がん抗原(こうげん)」と呼びます。
体内の免疫細胞が、がん細胞を攻撃するためには、まず攻撃する相手が「がん細胞であること」を認識する必要があります。
このときに必要なのが、正常細胞には存在せず、がん細胞だけが持っている「がんの目印(抗原)」です。

Q&A一覧にもどる

がん抗原とは?

例えば、インフルエンザワクチンは、ウイルス独自の目印をからだに注射することによって、からだの免疫がインフルエンザウイルスを認識できるように記憶するための治療(=ワクチン)です。
これと同じ考えに基づいて、「がん細胞独自の目印(がん抗原)」を注射すれば、体内の免疫細胞ががん細胞を正しく認識できるようになるのではないかという治療アプローチが、近年話題になっている"がんペプチドワクチン"の理論です。

しかしながら、もともとがん細胞は、自分の身体の正常細胞が突然変異したものですから、従来の科学技術では正常細胞とがん細胞のわずかな違いを見極めることができませんでした。
このため、「がんの目印(抗原)」は、従来は手術で摘出したがん組織から抽出した「自己のがん抗原」を用いるしかありませんでした。しかし90年代以降さまざまな「がんの目印」が発見され、人工的に合成することが可能になってきました。
これを「人工抗原」と呼びます。現在は世界中でさまざまな「人工抗原」が合成される時代となり、臨床研究が始まっています。

確かに「がん抗原」を身体に注射するがんペプチドワクチンの理論は大変期待されているのですが、実際の治療効果としては、ただ単純に「がんの目印」を身体に注射するだけでは、インフルエンザワクチンのように必ずしも体内の免疫細胞が認識してくれるわけではないことが報告されています(*)。
(*)Rosenberg SA. Nature Medicine 2004

その一つの理由として、がん細胞は、免疫から逃れるために自分の目印を隠そうとする「したたかさ」を持っていることが分かってきています。
そこで、がんワクチンとして用いるがん抗原は、身体のがん細胞がその目印を確実に持っていることだけではなく、がん細胞が隠す事が難しい目印を選択することが重要です。現在、このようないくつかの客観的指標に基づいて、優先的に用いるべき人工抗原はどれかについて、世界ランキング評価が行われています(**)。
なお、「WT1」は、この世界ランキングにおいて「第1位(最も優先的に用いるべき人工抗原)」に位置づけられており、仙台駅前アエルクリニックではこの「WT1」の一部である「WT1ペプチド」を使用することができます。
(**)Cheeve MA. Clinical Cancer Research 2009

WT1ペプチドの詳細はこちら

Q&A一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » Q、「がんの目印」とは何ですか?


文字サイズを変更する