トップへ » 早期のがんでもがん治療を受けることができますか?

早期のがんでもがん治療を受けることができますか?

早期のがんでも、標準治療に併用したり、標準治療終了後に樹状細胞ワクチン療法を行うことは患者さまにとって有益であると考えられます。特に早期ではあるが、悪性度の高いがん種(例えば肺がんや膵臓がんなど)については良い適応になるのではないかと考えられます。また、活性化リンパ球療法については術後の再発予防に良いという報告もあります。

一方、BRM(免疫機能補助)療法は、体の中の免疫環境を改善するという働きがありますので、定期的に本療法を行っていくということも良いのではないかと考えられます。

いずれにしましても、樹状細胞ワクチン療法を行う場合は、手術の際に自己がん組織を保管しておくことが望まれます。自己がん組織保管サービスについては、仙台駅前アエルクリニックのプライベートがんバンクをご利用ください。

Q&A一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » 早期のがんでもがん治療を受けることができますか?


文字サイズを変更する