トップへ » Q、樹状細胞ワクチン療法を受けるための準備や条件は?

Q、樹状細胞ワクチン療法を受けるための準備や条件は?

Q&A一覧にもどる

A、樹状細胞ワクチン療法には三つの種類がありますが、それぞれに準備や条件が異なります。
一つは患者さまのがん組織を利用した自己がん組織樹状細胞ワクチン療法、二つめは人工抗原を利用した人工抗原樹状細胞ワクチン療法、三つめは自己がん組織や人工抗原がない人に対して樹状細胞をがんに直接注入する局所樹状細胞ワクチン療法です。


(1)自己がん組織樹状細胞ワクチン療法
手術で新鮮かつ清潔な状態のがん組織が取得できる場合、自己がん組織樹状細胞ワクチン療法をお薦めしています。そのため手術前の患者さまやがん組織を簡単に摘出できそうな患者さまに対しては、執刀される先生と調整して、大切ながん組織を本療法に用いるための準備します。保管については仙台駅前アエルクリニックにて「プライベートがんバンク」という自己がん組織を保管するサービスを行っておりますので、こちらをご利用ください。

プライベートがんバンクとは?

(2)人工抗原樹状細胞ワクチン療法
人工抗原を使用した樹状細胞ワクチン療法が可能かどうか血液検査によって判断します。
(結果は1週間後になります。)

(3)局所樹状細胞ワクチン療法
局所樹状細胞ワクチン療法は、がんの場所が樹状細胞を直接注入できる所に存在するかどうかが条件になります。
さらに事前に放射線等でがん組織を弱らせておくことも重要です。
局所樹状細胞ワクチン療法については患者さまと医師とでよく相談しながら進めていきます。
樹状細胞を注入できるか否かの判断は、仙台駅前アエルクリニックの専門医師が画像データをもとに判断します。

Q&A一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » Q、樹状細胞ワクチン療法を受けるための準備や条件は?


文字サイズを変更する