トップへ » BRM(免疫機能補助)療法

BRM(免疫機能補助)療法

BRMとはBiological Response Modifiersの頭文字をとったものです。
直訳すると生体応答調節剤となります。

BRMは免疫系をはじめとして、体全体の働きを調節することにより、治療効果を得ようとする治療です。
つまり、がんを治そうとする患者さま自身のもつ免疫力を手助けし、強めるものです。
BRMは単独で行われるよりも、むしろ免疫が低下してしまう外科療法(手術)や放射線、化学療法(抗癌剤)などと併用することで、その治療効果を期待します。

<仙台駅前アエルクリニックにおけるBRM>

仙台駅前アエルクリニックでは、樹状細胞ワクチン療法の効果をさらに高めるためにBRMを使用しております。
BRMは、主にマクロファージやT細胞、NK細胞などの免疫系細胞の機能を増強しからだ全体の、免疫機能を回復すると考えられています。したがってBRMは単独で行われるよりも、外科療法(手術)や放射線、化学療法(抗癌剤)などと併用することによって、患者様の防御能力が低下するのを予防したり、より高めることを目的に行われます。

BRMの効果
一部の癌で有効性が認められています。

一覧にもどる

診察時間・ご相談について


トップへ » BRM(免疫機能補助)療法


文字サイズを変更する