トップへ » 当クリニックの治療について » プライベートがんバンク » プライベートがんバンクとは?

プライベートがんバンクとは?

プライベートがんバンクとは、「患者さまのがん治療のために、患者さまご本人のがん組織を保管するサービス」です。

がん組織の価値

これまで手術で切除されたがん組織は、検査をしたあとに破棄されていました。不要と考えられていたがん組織が、近年バイオテクノロジーの進歩で新しいがんの治療や診断に利用できることが明らかになってきました。あなたの大切ながん組織を保管しておくことで、あなたのがん治療に応用することができるのです。

オーダーメイドの免疫療法

がん組織を用いて"あなただけ"のがんワクチンを作ることができます。がんワクチンの代表的な治療法が、樹状細胞ワクチン療法です。がんワクチンには二つの特徴があります。ひとつは、あなたのがんだけを"狙い撃ち"することができる免疫力を強力に活性化させられること。もうひとつは、その活性化した免疫力を長い期間持続させておけることです。

1.自己がん組織樹状細胞ワクチン療法に利用

保管しておいたがん組織をあなたのがんそのものに反応するオーダーメイドのがんワクチンに利用します。患者さまよりお預かりした自己がん組織を患者さまの樹状細胞に食べさせます。その樹状細胞を大量に体の中に戻すと、樹状細胞はさまざまな免疫細胞にがんを総攻撃するように指令を出します。

自己がん組織樹状細胞ワクチン療法に利用

2.人工抗原樹状細胞ワクチン療法、ペプチドワクチン療法に利用

あなたのがんの特徴を調べ、人工抗原樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン療法に利用します。自己がん組織樹状細胞ワクチン療法に必要な量のがん組織が得られなかった場合、保管しておいたがん組織のわずかな組織片などから患者さまのがんの特徴(がん抗原)を見つけ出します。そのがんの特徴をもとに人工的にがん抗原を作製し、人工抗原樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン療法に利用します。

がんペプチド療法

3.オーダーメイド医療に応用

オーダーメイドの薬物療法や診断などに応用します。 あなたのがんの特徴をタンパク解析装置などで調べ、抗がん剤、分子標的薬、ホルモン療法の使い分けに利用します。がんの種類によっては病気のリスク診断などに応用することも可能です。

オーダーメイド医療に応用

保管するにあたって

まずは当クリニックにご相談ください。保管にあたっての手続きなどをご説明いたします。

※保管には主治医の了承が必要となります。

保管費用について

がん組織の保管費は無料です。
がん組織は不要であれば1年後に廃棄しますが、保管期間の延長も可能です。
※がん組織の運搬については実費がかかります。
※汚染の恐れがあるがん組織につきましては別途無菌検査料がかかります。
 検査の結果、がん組織の汚染が判明すると保管できない場合もあります。

その他

当クリニックの規定にある感染症が陽性の場合、組織の保管をお受けできません。

資料請求、お問い合わせ、有料相談をしております。お気軽にご連絡ください。

診察時間・ご相談について


トップへ » 当クリニックの治療について » プライベートがんバンク » プライベートがんバンクとは?


文字サイズを変更する