トップへ » 当クリニックの治療について » 治療の流れ » 樹状細胞ワクチン療法の流れ

樹状細胞ワクチン療法の流れ

流れ1. 医療相談
まず始めに、樹状細胞ワクチン療法について医師から詳しく説明します。さらに患者さまのご容体に合わせた治療方針を相談します。

※医療相談は完全予約制となりますので、☎0120-088-772 までお問い合わせください。

<ご準備いただきたい書類・資料など>
※下記の資料が準備できていなくても、医療相談はいつでも可能です。
1) 紹介状(診療情報提供書)※主治医の先生に書いて頂くもの
2) 血液データ(主治医の先生から最新のものをお借りしてください)
3) 画像フィルム等(主治医の先生から最新のものをお借りしてください)
4) 服用中のお薬の内容

下へ

流れ2. 治療前の検査
樹状細胞ワクチン療法を受けられるかどうか、血液検査、画像検査などをもとに判断します。なお、血液検査の結果が出るまでに約1週間かかります。

下へ

流れ3.アフェレーシス(成分採血)
樹状細胞のもとになる、白血球の一部である"単球"という細胞を大量に取り出すために、成分採血を行います。アフェレーシス(成分採血)という方法で行い、2~3時間かけて血液の中の単球を含む必要な成分だけを取り出し、それ以外は体内に戻します。

下へ

4. 樹状細胞ワクチンの作製
アフェレーシスで取り出した単球は、厳重に管理されたクリーンルーム(細胞加工施設)で培養されます。単球を樹状細胞に育て、人工抗原やがん組織を与えることで、がんの目印を認識した、成熟した樹状細胞に育てます。
樹状細胞ワクチンを作るには、出来あがったワクチンの品質検査も含めて約3週間かかります。

下へ

流れ5. 樹状細胞ワクチンの投与
樹状細胞ワクチンを、2~3週間に1回のペースで注射により投与します。5~7回の注射が1セットとなり、1セットの治療期間は約3~4ヵ月です。
※局所樹状細胞ワクチン療法の場合は4回で1セットとなります。


具体的な治療の流れ

下へ

6. 治療効果の評価
1セットの治療終了後に、血液検査、画像検査、免疫機能検査などを行い、治療効果を評価します。それらをもとに、今後の治療方針を患者さまと医師で相談します。

診察時間・ご相談について


トップへ » 当クリニックの治療について » 治療の流れ » 樹状細胞ワクチン療法の流れ


文字サイズを変更する