トップへ » 当クリニックの治療について » 治療の種類 » 局所樹状細胞ワクチン療法 » 局所樹状細胞ワクチン療法

局所樹状細胞ワクチン療法

局所樹状細胞
ワクチン療法とは?
樹状細胞を体の中のがんに直接注入するがん免疫療法です。 がんが樹状細胞を直接注入できるところにある場合、治療が可能となります。
適応 内視鏡やエコー/CTガイド下などにより、がんに直接樹状細胞ワクチンを注入できる患者さま
局所樹状細胞
ワクチン療法の
仕組みと流れ
1.局所樹状細胞ワクチン療法では、あらかじめラジオ波や放射線療法あるいは抗がん剤などで前処置を行い、樹状細胞ががんを攻撃しやすいような環境にしておきます。ワクチンを注入する場所については、PET-CTなどで専門の医師が判断します。
2.患者さまからの成分採血(アフェレーシス)によって得られた樹状細胞のもととなる細胞を、樹状細胞へと培養していきます。
3.さらに培養を続け、リンパ球(攻撃部隊)を教育できる、能力の高い樹状細胞へと成長させます。(成分採血からワクチン完成まで約3週間かかります)
4.樹状細胞ワクチンを、目的の場所に局所注入します。(投与は仙台駅前アエルクリニックまたは提携医療機関で2週間毎に4~7回行います)
5.樹状細胞ワクチンを腫瘍内に直接注入すると、予めラジオ波や放射線療法などで処理されたがんの死骸などを取り込んでそのがんの特徴を認識します。
6.樹状細胞は、覚えた自分のがんの特徴をもとに、リンパ球にそのがんを攻撃するよう強力に指令を出します。
7.指令を受けたリンパ球は活性化され、増殖し、そのがんだけを狙って攻撃します。
他の治療との併用 ほぼすべてのがん治療(手術、抗がん剤、放射線療法、緩和医療、など)との併用が可能です。
準備いただくもの 紹介状(診療情報提供書)、血液検査データ(過去から現在にいたるまでの血液データ)、画像検査データ(レントゲン、CT、MRI、PETなど)、心電図、薬剤リスト、
※上記の準備ができない場合でも無料医療相談は可能です。
備考 局所樹状細胞ワクチン療法を受けられない患者さまは、人工抗原樹状細胞ワクチン療法または活性化リンパ球療法をご検討いただけます。
治療の種類に戻る

診察時間・ご相談について


トップへ » 当クリニックの治療について » 治療の種類 » 局所樹状細胞ワクチン療法 » 局所樹状細胞ワクチン療法


文字サイズを変更する