2011年2月 « トップへ » 2011年4月

2011年3月17日

費用例

price01.png

診療を一部再開いたしました。

このたびの東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
仙台駅前アエルクリニックにおきましても通常の診療体制の復旧を目指し全力で努めております。
電話・メールでの受付に関しましては平常通り行なっており、また一部の診療もすでに再開しております。
詳しい診療日時につきましては下記までお問い合わせください。

仙台駅前アエルクリニック
フリーダイヤル:0120-088-772 ※携帯電話からも繋がります


すでに治療中の患者さまにはクリニックより順次安否確認をさせていただいております。
ご連絡がない患者さまにつきましてはお手数ですが、ご連絡下さいますようお願い申し上げます。
なお投与日に関しまして若干の変更の可能性がございますが治療の継続には問題ございません。

ニュース一覧に戻る

2011年3月 7日

当クリニック(宮城・東北)で受けられる治療法

がん細胞だけを狙い撃ちする最新世代のがん免疫療法である『樹状細胞ワクチン(がんワクチン)療法』を中心に、免疫力を活かしてがんを攻撃するからだにやさしいがん治療法を提供しています。

がん細胞だけを狙う打つことができる治療
人工抗原樹状細胞ワクチン療法
自己がん組織樹状細胞ワクチン療法
局所樹状細胞ワクチン療法

からだ全体の免疫力を上げる治療
活性化リンパ球療法

治療の流れ

樹状細胞ワクチン療法の流れについてご説明いたします。治療をご検討の方は、当クリニック(宮城)にお電話ください。無料医療相談のご予約をお取りいたします。

治療の流れについて

プライベートがんバンク

これまで手術で切除されたがん組織は、検査をしたあとに破棄されていました。その不要と考えられていたがん組織が、近年バイオテクノロジーの進歩で新しい がんの治療や診断に利用できることが明らかになってきました。あなたの大切ながん組織を保管しておくことで、あなたのがん治療に応用することができるのです。

詳しくはこちら

治療実績について

当クリニック(宮城・東北)がテラ株式会社から技術提供を受ける樹状細胞ワクチン療法の治療実績(*)です。

症例実績

(*)2015年12月末時点の実績です


当クリニック院長から患者さまへ

ごあいさつはじめまして。仙台駅前アエルクリニック院長の伊藤 克礼と申します。
当クリニックではクリニック内に細胞分離培養施設がありますので、患者さまおひとりおひとりの「がん」の種類・病状・治療内容に合わせ樹状細胞ワクチンや活性化リンパ球を作製し、活性の高い状態で患者さまに投与することが可能です。
「これ以上治療法がない」と諦め「がん難民」になられる前にぜひご相談ください。またこれから手術をお受けになる方は樹状細胞ワクチン作るための手術組織のお預かりもしております。ぜひご相談ください。

続きはこちら


プライベートがんバンクとは?

プライベートがんバンクとは、「患者さまのがん治療のために、患者さまご本人のがん組織を保管するサービス」です。

がん組織の価値

これまで手術で切除されたがん組織は、検査をしたあとに破棄されていました。不要と考えられていたがん組織が、近年バイオテクノロジーの進歩で新しいがんの治療や診断に利用できることが明らかになってきました。あなたの大切ながん組織を保管しておくことで、あなたのがん治療に応用することができるのです。

オーダーメイドの免疫療法

がん組織を用いて"あなただけ"のがんワクチンを作ることができます。がんワクチンの代表的な治療法が、樹状細胞ワクチン療法です。がんワクチンには二つの特徴があります。ひとつは、あなたのがんだけを"狙い撃ち"することができる免疫力を強力に活性化させられること。もうひとつは、その活性化した免疫力を長い期間持続させておけることです。

1.自己がん組織樹状細胞ワクチン療法に利用

保管しておいたがん組織をあなたのがんそのものに反応するオーダーメイドのがんワクチンに利用します。患者さまよりお預かりした自己がん組織を患者さまの樹状細胞に食べさせます。その樹状細胞を大量に体の中に戻すと、樹状細胞はさまざまな免疫細胞にがんを総攻撃するように指令を出します。

自己がん組織樹状細胞ワクチン療法に利用

2.人工抗原樹状細胞ワクチン療法、ペプチドワクチン療法に利用

あなたのがんの特徴を調べ、人工抗原樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン療法に利用します。自己がん組織樹状細胞ワクチン療法に必要な量のがん組織が得られなかった場合、保管しておいたがん組織のわずかな組織片などから患者さまのがんの特徴(がん抗原)を見つけ出します。そのがんの特徴をもとに人工的にがん抗原を作製し、人工抗原樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン療法に利用します。

がんペプチド療法

3.オーダーメイド医療に応用

オーダーメイドの薬物療法や診断などに応用します。 あなたのがんの特徴をタンパク解析装置などで調べ、抗がん剤、分子標的薬、ホルモン療法の使い分けに利用します。がんの種類によっては病気のリスク診断などに応用することも可能です。

オーダーメイド医療に応用

保管するにあたって

まずは当クリニックにご相談ください。保管にあたっての手続きなどをご説明いたします。

※保管には主治医の了承が必要となります。

保管費用について

がん組織の保管費は無料です。
がん組織は不要であれば1年後に廃棄しますが、保管期間の延長も可能です。
※がん組織の運搬については実費がかかります。
※汚染の恐れがあるがん組織につきましては別途無菌検査料がかかります。
 検査の結果、がん組織の汚染が判明すると保管できない場合もあります。

その他

当クリニックの規定にある感染症が陽性の場合、組織の保管をお受けできません。

資料請求、お問い合わせ、有料相談をしております。お気軽にご連絡ください。

交通のご案内

交通のご案内

当クリニックへの地図
〒980-6111
宮城県仙台市青葉区中央1丁目3番1号 AERビル11階
フリーダイヤル:0120-088-772(携帯電話からも繋がります)
FAX:022-714-6362


◆交通アクセス

  • 新幹線をご利用の方へ
    JR仙台駅中央改札から名掛丁方面 出口よりペデストリアンデッキを通り徒歩2分

    各都市からの所要時間
    新青森    約2時間
    秋田     約3時間
    盛岡     約1時間
    福島     約30分
    那須塩原  約1時間30分

  • 高速バスをご利用の方へ
    仙台駅東口バス乗り場の場合 駅のエスカレーターをのぼりデッキを通り徒歩5分
    仙台駅前バス乗り場の場合  駅前通りを通り徒歩4分

    各都市からの所要時間
    山形     約1時間
    米沢     約2時間
    いわき    約3時間
    新潟     約4時間

  • お車をご利用の方へ
    東北自動車道 仙台宮城ICより広瀬通り直進で約20分
    アエルビル地下駐車場をご利用ください。

当クリニックで行っている治療について

当クリニックでは樹状細胞ワクチン療法をはじめとする免疫療法を中心に、相性の良い他の治療法を組み合わせた新しい形のがん治療を提供しています。患者さま、そしてご家族との相互理解を念頭に置き、患者さまの生活の質(QOL)を大切に、それぞれの患者さまにあったオーダーメイドの治療計画を立て、実践してまいります。

よくあるご質問

診察時間・ご相談について


2011年2月 « トップへ » 2011年4月


文字サイズを変更する