トップへ » がん免疫療法とは » 遺伝子治療 » がん遺伝子治療とは

がん遺伝子治療とは

がん遺伝子治療とはほとんどのがん細胞は、がん抑制遺伝子が正常に機能していません。このような遺伝子の機能不全によりがん化した細胞に、がん抑制遺伝子を届けることで、がん細胞の自然な細胞死(アポトーシス)を促します。


がん遺伝子治療の特徴

がん遺伝子治療は、副作用が少ない治療です。抗がん剤治療や放射線治療の効果を、より増強する可能性があります。

その他、以下の特徴があります。

① 副作用が少なく、軽い
② 正常な細胞には影響を与えない
③ 抗がん剤や放射線治療の効果を増強させる
④ 前がん状態にも対象
⑤ 耐性にならない
⑥ 治療適応範囲が広く、かつがん腫を問わない


仙台駅前アエルクリニックでは、初回のご相談は無料となります。
気になる点があれば、いつでもお問い合わせください。

診察時間・ご相談について


トップへ » がん免疫療法とは » 遺伝子治療 » がん遺伝子治療とは


文字サイズを変更する