トップへ » がん免疫療法とは » WT1がん抗原 » 多くのがんに対応できる「WT1がん抗原」

多くのがんに対応できる「WT1がん抗原」

がん治療への優先度が高いと米国癌研究会議(AACR)に評価されたがん抗原「WT1がん抗原」を用いた樹状細胞ワクチン療法が可能

これまでに数多くの"がん抗原"が発見されていますが、「WT1」は、がん治療への優先度が高いと評価されたがん抗原です。
すなわち「WT1は、がん免疫療法に優先的に使用されるべきがん抗原である」ことが分かっています。

がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」を進化させる「WT1がん抗原」

樹状細胞ワクチン療法は、まず樹状細胞ががんの目印(抗原)を認識し樹状細胞がその目印をリンパ球に教育する(覚え込ませる)ことで、リンパ球ががん細胞を狙い撃つ、という治療法です。

この療法で用いられるがん抗原として、"ご自身のがん組織(自己がん組織)"が挙げられます。
しかし、過去に手術を終えてしまった場合や病状の進行によって手術ができない場合等で自己がん組織を確保することができない場合、人工抗原(人工的につくられたがん抗原)の使用が検討されます。

ここで大切な事は、様々な種類がある人工抗原とがんの目印とが合致する事です。
多くの人工抗原の場合、がんの種類毎に合致するものが限られてしまいます。

しかし、WT1がん抗原はほぼ全ての固形がん・血液がんに高い割合で存在することから、多くのがんで目印として用いることが可能です。
これにより、WT1がん抗原を樹状細胞ワクチン療法に用いることで、自己がん組織の確保が困難な多くの患者さまも含め、多くのがん患者さまに対し、樹状細胞ワクチン療法を提供することが可能となりました。

各がん種におけるWT1の発現率

診察時間・ご相談について


トップへ » がん免疫療法とは » WT1がん抗原 » 多くのがんに対応できる「WT1がん抗原」


文字サイズを変更する