トップへ » がん免疫療法とは » 樹状細胞とは » 樹状細胞ワクチン療法の特長

樹状細胞ワクチン療法の特長

特長1:がんだけを狙い撃ち
樹状細胞ワクチン療法は、最先端の特異的がん免疫療法として、患者さまのがん細胞だけを"狙い撃ち"する免疫を強力にします。

特長2:長い間、がんを狙い撃つ免疫力が持続
樹状細胞ワクチン療法は"ワクチン"という名前の通り、患者さまのがんだけを狙い撃ちすることができる免疫力を体に"記憶させ"、長い間それを持続させることを目的としています。
すなわち、目的とするがんに対する免疫力が記憶されている間(*)は、他のがん免疫療法のように延々と治療を継続する必要がないと考えられています。
(*)この期間には個人差があります

特長3:自分の細胞を用いているため、副作用の心配が少ない
樹状細胞ワクチン療法のワクチンは、患者さまの細胞を使って作るため、患者さまオリジナルの
ものになります。
患者さまに生まれつき備わっている免疫の力を引き出し、患者さま個々のがん細胞だけを"狙い撃ち"する治療であることから、抗がん剤のように体内の正常細胞まで攻撃してしまうことに
よる吐き気、下痢、脱毛などといった重い副作用は生じません。

樹状細胞ワクチン療法は約2~3週間に1回のペースで、計5~7回皮膚へ注射して
いきますが、ワクチン作製から投与まで全て外来通院で治療可能で、入院の必要はありません。

特長4:転移しているがんにも有効
樹状細胞の働きによりがんの目印を覚えたリンパ球は、からだの中をめぐってがん細胞を攻撃します。
そのため、転移しているがん細胞も攻撃することができます。

特長5:多くの臨床研究に基づく、エビデンスのある治療

多くの臨床研究に基づく、エビデンスのある治療樹状細胞ワクチン療法は、21世紀以降、国内および海外における数多くの臨床研究により、その有用性が実証されつつある治療法です。
今、樹状細胞ワクチン療法は第4のがん治療として世界の注目を集めています。我が国でも、樹状細胞ワクチン療法の研究がされており、この中心となった東京大学医科学研究所附属病院での臨床試験の結果、肝臓や肺、脳、腎臓など全身に転移を認め、手術や抗がん剤では手に負えなくなった状態の進行がん患者さま(悪性黒色腫(メラノーマ)、甲状腺がんが対象)の約3割において、がんの縮小や長期にわたって進行が止まったことが確認されています(*)。
この研究はその後、信州大学や東京慈恵会医科大学、慶応大学を始め国内のいくつかの大学において、現在も引き継がれています。
(*)Nagayama H. Melanoma Reseach. 2003
Kuwabara K. Thyroid. 2007

樹状細胞ワクチン療法は、これまで国内外において、ほぼすべての種類のがんに対して、
それぞれ数十名程度を対象とした、数多くの臨床試験が行われており、その有用性が着実に確認されつつあります。

このような流れの中、2010年に米国で行われた大規模な無作為化比較臨床試験(RCT:最もエビデンスレベルが高い臨床研究)の結果が報告され、ホルモン不応性の進行前立腺がんの患者さまに対する明らかな延命効果が証明されたことをうけて、米国で樹状細胞を用いたがんワクチンが認可されました(**)。

(**)Philip W. New England Journal of Medicine 2010

これらの特長に加え、仙台駅前アエルクリニックならではの樹状細胞ワクチン療法の特長として、さらに次の2点が挙げられます。

特長6:がん抗原として用いる優先度で高いと評価された人工抗原「WT1がん抗原」を用いた樹状細胞ワクチン療法が提供可能

実際に樹状細胞ワクチン療法を受ける場合に、どの「がんの目印(抗原)」を用いるかが特に重要です。
「がんの目印」に関して、専門家による優先度の評価が行われていますが、がん抗原の一つ「WT1(ダブルティーワン)」は、数あるがん抗原の中で高い評価を受けています(***)。

(***)Cheeve MA. Clinical Cancer Research 2009

特長7:仙台駅前アエルクリニックの細胞培養技術の高さ

高品質な樹状細胞を大量に培養するには高度な技術が必要です。独自技術で研究開発された高度な細胞培養技術に基づき、高品質・多量の細胞を培養することが可能です。細胞は安全性の高い細胞加工施設(CPC)で培養しています。

特異的がん免疫療法 "樹状細胞ワクチン療法" のしくみ

樹状細胞ワクチン療法のしくみ(1)樹状細胞の元になる単球を血液からたくさんとり出して、樹状細胞へ育てます。
(2)育てられた樹状細胞に手術でとり出したがん組織や、人工的に作られたがんの目印を与えます。
(3)樹状細胞ががんの目印を手に入れると、リンパ球にがんの目印を教えることができる、一人前の司令官になります。
(4)司令官に育ったたくさんの樹状細胞が入った「樹状細胞ワクチン」を注射します。そして、からだの中にがんの目印を手に入れた樹状細胞を増やします。
(5)注射された樹状細胞は、からだの中で司令官として、リンパ球にがんの印を教え、がん細胞を攻撃するように指示を出します。
(6)がんの目印を覚えたリンパ球はからだの中をめぐって、がん細胞だけを攻撃します。

診察時間・ご相談について


トップへ » がん免疫療法とは » 樹状細胞とは » 樹状細胞ワクチン療法の特長


文字サイズを変更する